上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォーターサーバーのボトルでワンウェイ式というのは聞きなれない言葉です。
ウォーターサーバーのボトルでワンウェイ式とは、お水が入っているボトルが、お水を使う度にしぼんでいき、お水がなくなった段階で、ぺちゃんこになったボトルをリサイクルゴミとして処理できるものをいいます。

今までのウォーターサーバーのボトルは、お水がなくなったらサーバーから取り外して、業者に返却していました。そして、業者はそのボトルをきれいにして、再び使うというリサイクル式でした。今もリサイクル式のボトルの業者は多いのですが、最近ではワンウェイ式のボトルが増えてきています。使ってみるとわかるのですが、リサイクル式のボトルって、空気が入っていますよね。
お水を使う度に、ぼこぼこ音がします。

しかし、ワンウェイ式のボトルは、空気が入っていないため、お水を使う度に、ボトルがしぼんでいくのです。空気には雑菌やホコリなどが入っている恐れがあるので、ワンウェイ式のボトルの方がより衛生的なんです。

それに、お水を使い切ってぺちゃんこになったボトルは、ゴミとして処理することができるため、リサイクル式のボトルと違って邪魔になりません。
ウォーターサーバーの設置を考えているのであれば、ウォーターサーバーのワンウェイ式を取り扱っている業者をお勧めします。















スポンサーサイト
安心して飲めると思っているウォーターサーバー。水のの安全性って、大丈夫かどうか気になりますよね。
ウォーターサーバーの安全性は、いろいろな角度から考えて大丈夫だと思います。
まず、一番気になるのは衛生面です。水の品質は、どの業者のウォーターサーバーを選択しても、水は優れています。

みんな、水にばかり目が行ってしまいますが、ウォーターサーバーを通しての水を飲みますので、ウォーターサーバーの安全性も気にしなくてはいけません。
ウォーターサーバーは、清潔に保たれるように作られています。

また、1年に一度、ちゃんとメンテナンスや交換をするので、安心して使うことが出来ます。
心配なことは、お水の衛生面だけではなく安全性も兼ね備えてなくてはなりません。
ウォーターサーバーは、冷たいお水とお湯を出すことが出来ます。
業者によって、お水やサーバーのタイプは色々ですので、どんなものがあるのかチェックしてみることをお勧めします。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。